昨季限りでアリエン・ロッベンとフランク・リベリが退団したバイエルン・ミュンヘン。

マンチェスター・シティFWルロイ・サネの引き抜きを狙っているとされるなか、ニコ・コヴァチ監督は「獲得できると思う」と突っ込んだ発言をして物議を醸した。

ルンメニゲからも苦言を呈された指揮官はシティのジョゼップ・グアルディオラ監督に謝罪したようだ。『Abendzeitung』によれば、こう述べたという。

ニコ・コヴァチ(バイエルン監督)

「『ZDF』でのインタビューで自分はちょっと攻撃的すぎた。

ペップとも話して、状況について釈明した。

謝ったよ。当然ながらマンチェスター・シティの選手だということは分かっているからね」

サネの移籍問題は今後どういった展開になるのだろうか。