先週末に開幕したオランダ・エールディビジ。日本人の活躍が目立ったが、その先陣を切ったのが中村敬斗だろう。

今夏ガンバ大阪からFCトゥウェンテに加入した19歳は、PSVとの開幕戦で開始8分に衝撃のゴールを記録した(動画3分13秒~)。

左サイドで起用された中村はドリブルで二人をはがし、ミドルレンジから右足でのシュートを決めた。

相手のPSVは過去に欧州制覇の経験を持ち、アヤックスとオランダ最強の座を争う正真正銘の優勝候補。その相手からいきなりゴールを決めるとは…。

ちなみに実況は中村のことを「カイト・ナカムラ」と呼んでいるが、これはオランダ語で"ei"がアイの発音となるため。あの本田圭佑もVVV時代、「カイスケ」と呼ばれ本人が訂正したこともあった。

その本田がこのオランダの地から羽ばたいたように、中村もここから偉大な選手になることができるだろうか。