11日に行われたレアル・マドリー対ローマの親善試合は2-2という結果で終了した。

開幕が近づいているということもあり、両チームともほぼ実戦仕様のトップチームで構成された試合となった。

前半16分にマルセロのカットインシュートでレアル・マドリーが先制を果たしたものの、34分にローマがこの反撃を見せる。

右サイドに開いた20歳のMFニコロー・ザニオーロがこのドリブル!(動画26秒~)

縦の持ち出し一発、マークに付いていたカゼミロをあっさりとぶち抜くと、ファイナルサードまで運んで折返し。ディエゴ・ペロッティに最高のアシストを提供してみせた。

ザニオーロは昨季インテルからローマへとやってきた若手だが、加入後すぐにセリエAで好プレーを連発し、イタリア屈指のヤングスターとして評価を受けるようになった選手だ。

193cmという身長を持ちながらもこのようなプレーができる。今季はさらに大ブレイクが期待できそうだ…。

なお、この試合は2-2で終了した後PK戦が行われており、そこでローマが5-4で勝利している。