横浜F・マリノス、ならびに川崎フロンターレは15日、日本代表MF三好康児の期限付き移籍契約を解除したことを発表した。

今季三好は川崎フロンターレから横浜F・マリノスに貸し出されていたが、その期限付き移籍が解除される形となった。

現在ベルギー1部のロイヤル・アントワープとの契約交渉が進んでいると伝えられており、三好は海外移籍が前提になっているとのこと。

今夏行われたコパ・アメリカに出場した三好は、ウルグアイとの試合で2ゴールを奪う活躍を見せ、海外のクラブから関心を受けていると伝えられていた。