今夏のマーケットでローマを退団し、アルゼンチンのボカ・ジュニオルスに移籍することになった元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ。

36歳という年齢で南米のリーグに初挑戦するという冒険を選択した彼は、先日のカップ戦でヘッドを決め、アルゼンチンでの初ゴールを奪取した。

さらにデ・ロッシは18日に行われたアルドシビ戦でリーグ戦初出場。そこではなんとこんな華麗な技術も見せていたぞ。

左足でのトラップがやや流れてしまったものの、飛び込んできた相手を見てワンフェイク。タイミングを外して抜き去っていった。

そして、この試合でフル出場を果たしたデ・ロッシが前半で見せたプレーのハイライトがこれだ。

ハードなタックルや前線へのロングパス、そして味方への鼓舞。デ・ロッシはいきなりボンボネーラの観客を虜にしてみせたようだ。

この試合でボカ・ジュニオルスはカルロス・テベスとエドゥアルド・サルビオのゴールで2-0とアルドシビに勝利。3試合を終えて2勝1分けと好調なシーズンのスタートを切っている。