この夏にマリティモに移籍すると、ポルトガルの地で確かな存在感を見せている前田大然。

すでに2得点を決めているが、第7節モレイレンセ戦で負傷交代となってしまった。先発した前田が後半20分すぎに痛んでしまったシーンがこれ…。

左サイドでボールを受けた後、持ち前のスピードを生かしてスペースに突進。だが、足を滑らすような形で転倒…。腰付近に手を当てた前田は立ち上がることができず。そのまま交代となった。

現時点で怪我の詳細は不明。調子を上げつつあっただけに負傷の程度が懸念される。

なお、試合は2-1でホームのマリティモが勝利。後半39分からの逆転劇にヌーノ・サントス監督は、最後まであきらめなかった姿勢が最も大事と述べていたとか。