ここまで6節を消化したドイツ1部ブンデスリーガで現在2位と好発進のRBライプツィヒ。今季着用のユニフォームは7月にホームとアウェイがリリースされている。

キットカラーはどちらも昨季と同じ系統の色を採用。ホームは独特でユニークなグラフィックが目を奪うデザインとなっている。

RB Leipzig 2019-20 Nike Home

RBライプツィヒ 2019-20 ユニフォーム

NEWホームキットは例年通りホワイトがベースカラーのデザイン。ここ数年はレッドの差し色が目立つ配色だったが、今季はやや“レッド控え目”という感じに仕上げている。首元の内側にはチームの愛称“Die Roten Bullen (The Red Bulls)”をレタリング。

RBライプツィヒ 2019-20 ユニフォーム

シャツ全体に落とし込むライトグレーの斜線グラフィックも今季の特徴的なデザイン。このような大胆なデザインは、ライプツィヒでは珍しい。

RBライプツィヒ 2019-20 ユニフォーム

コンプリートルックはこのような感じに。パンツをレッド、ソックスをホワイトで組み合せるスタイルは、昨季モデルを継承する。