昨季は初のCL出場が話題になったRBライプツィヒ。今季はELに出場するが、所属するグループBには同じスポンサーを持つザルツブルクが同組。ついに「レッドブル・ダービーが実現」と注目を集めている。

そんな2018-19シーズンのユニフォームは7月にホームとアウェイを、8月にサードをそれぞれ発表。ホームとアウェイについては、昨季のような色違いではなく、個別に異なるデザインを採用している。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

RB Leipzig 2018-19 Nike Home

RBライプツィヒ 2018-19 Nike ホーム ユニフォーム

ホームキットはチームカラーに忠実なカラーリング。スピーディーで攻撃的なチームスタイルを、肩から袖にかけてのダイナミックなグラフィックで表現している。ドットグラフィックを用いた昨季のキットよりも力強さを感じさせるデザインだ。

RBライプツィヒ 2018-19 Nike ホーム ユニフォーム

背面の首元にはイエローのメッシュテープ。肩部分にはアーチ型でチーム名を飾る。

RBライプツィヒ 2018-19 Nike ホーム ユニフォーム

パンツはレッド、ソックスはホワイトが基本パターンだが、アウェイゲームの際は対戦相手によって色を変えることも。実際、今季はホワイトのパンツも着用している。

RBライプツィヒ 2018-19 Nike ホーム ユニフォーム

ホームキットのイメージビジュアルにはユスフ・ポウルセンが登場。