弱冠16歳にしてバルセロナにデビューし、瞬く間にスターになったアンス・ファティ。

彼についてメッシは過度なプレッシャーをかけてはいけないと慎重に扱う必要性を説いている。

ファティと同じように若くして天才と期待された選手は少なくない。そのひとりであるボヤン・クルキッチが、『Marca』のインタビューでこう述べた。

ボヤン・クルキッチ

「自分は16歳からバルセロナのトップチームでプレーを始めた。

自分が生きた全ての瞬間を誇りに思う。転んでから這い上がったことも」

「誰もが自分が好きなように(NEXTメッシなどと)ラベル付けできる。

でも、僕もそうだったけれど、自分次第ではないこともある。

最初は難しいけれど、徐々に自分のアイデンティティを作っていくんだ」

「ファティ、ヴィニシウス・ジュニオール、ジョアン・フェリックスには、フットボールを楽しんでと伝えたい。

調子に乗ることなく、いい環境といい仲間たちを頼りにしてね」

「誰もが恐れや不安を持っている。

選手のように公衆にさらされる時はより一層だ。

周りに多くのことを派生させる16歳だった僕も当然恐れを抱いていた」

16歳でデビューしたことで、NEWメッシとして大きな期待を寄せられたボヤン。それによって精神的な病も経験した。

ただ、MLSでプレーしている現在は「フットボールをとても楽しんでいる。リーグ、スポーツ、街に満足している」そう。