トルコの下部リーグで戦っているカイセリ・メイススポルというクラブで衝撃的な映像が撮影されたと話題だ。

それは、チームを率いているハリト・クルト氏がハーフタイムに選手全員を平手打ちするというものだった。

この場面は3年前に起こったものだという。このビデオがSNSに流れたことで、トルコサッカー連盟は調査を余儀なくされているとのこと。

なお『Antena3』の報道によれば、ハリト・クルト氏は「行動については後悔していない」と話したという。