マンチェスター・シティ対リヴァプール戦の翌日にイングランド代表で喧嘩沙汰になったラヒーム・スターリングとジョー・ゴメス。

2人は前日の試合でもこんなやり合いになっていた。

顔面近すぎ…。

ゴメスが敗戦をからかったことにスターリングがキレたと伝えられている。

『Mirror』によれば、2人の喧嘩を仲裁したのは、リヴァプールMFジョーダン・ヘンダーソンだという。

スターリングはリヴァプール時代にヘンダーソンとプレーしており、元同僚という間柄だ。

イングランド代表に招集されているヘンダーソンだが、モンテネグロ戦は出場停止。そのため、代表に合流するのは水曜日だそう。

つまり、ヘンダーソンは喧嘩が起きた際に現場にはいなかったということ。それでも、彼は仲直りの握手をさせるために2人にそれぞれ電話をかけていたそう。