かつて香川真司ともプレーしたドルトムントのポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェク。34歳になった彼は代表引退を表明しており、このほどラストマッチを戦った。

EUROとW杯の2大会に出場するなど、代表戦66試合でプレーしたピシュチェク。頼りになるサイド職人というイメージがあるが、プロになった当初はストライカーだった。

母国のザグワンビェ・ルビンではシーズン11ゴールをマークしており、ブンデスリーガに引き抜かれるまではFWだったのだ。

そのピシュチェクがポーランドリーグで決めた初ゴールがこれ!

ストライカーらしい渾身ヘッド!

移籍したヘルタでウィンガー、サイドバックにコンバートされた後も巧みなポジショニングから放つシュートは武器のひとつだった。DFらしからぬ位置取りができるのは、元ストライカーである所以だろう。

ちなみに、デビュー当時から背番号は26番一筋!これまでクラブではこの番号しかつけたことがない。