トッテナムの新監督に就任したジョゼ・モウリーニョ氏。ウェストハムとの初戦に勝利し、いきなり勝点3をチームにもたらした。

昨年12月にマンチェスター・ユナイテッドを解任されてから、およそ1年で現場に復帰。ユナイテッドではタイトルも獲得したが、最後は苦しむことに。

本人もユナイテッドでは情熱を失っていたと明かした。『BT Sport』のインタビューでこう述べたのだ。

ジョゼ・モウリーニョ

「そうだね、(情熱を失っていたと)認めなければいけない。

幸せでない時に人はそう感じるものだ。

幸福はより良くなるため、より熱心になるために影響を与えることができる。

そうだね、私は認めなければいけないね」

ユナイテッドでは幸せだと感じることができなくなり、情熱も失っていたと明かしていたそう。