ACミランに復帰したズラタン・イブラヒモヴィッチ。故郷マルメに建立された彼の銅像がひどい被害を受けている。

ついに足元から切断されるというショッキングな姿に…(以下動画10秒~)。

これはひどい…。

イブラがハンマビーの株式を取得した後、マルメへの裏切りだとして銅像が攻撃対象になってしまった。

『Aftonbladet』によれば、マルメ市は修復のために像を一時的に撤去したという。

基礎部分だけが残された状態で、彫像が移動された場所は明らかにされていない。市の担当者は、警察に通報したとしつつ、2月以降に設置についての決定をするとコメントしたとのこと。