2011年からマンチェスター・シティでプレーするセルヒオ・アグエロ。

アストン・ヴィラ戦で圧巻のハットトリックをマークし、外国人選手としてプレミアリーグ史上最多スコアラーになった。ヴィラ戦ではこんならしからぬスーパーゴールも決めてみせた(以下動画55秒~)

これはらしからぬ一撃!

そのアグエロやリオネル・メッシを擁するアルゼンチン代表は昨夏のコパ・アメリカで3位に終わった。

『The Athletic』によれば、アグエロはリオネル・スカローニ代表監督にあることを直訴していたという。それによれば、アグエロはシティの戦術とジョゼップ・グアルディオラ監督の用語を用いて、自分たちがどうプレーすべきかを説明したそう。

2016年からペップのもとでプレーしてきたアグエロ。監督経験のないまま代表を率いることになったスカローニに対して、シティのプレースタイルを勧めていたということだろうか。

この話を聞いたペップは「私とセルヒオとの仕事は完了した」と述べていたとか。