レアル・マドリーで育成され、マンチェスター・シティなどにも所属した元スペイン代表FWアルバロ・ネグレド。

彼は2018年からUAEのアル・ナスルでプレーしているのだが、このほど行われたシャバブ・アル・アハリとのカップ戦決勝で仰天のゴールを決めた。

キックオフからわずか6秒で得点を奪った衝撃シーンがこれだ!

まさか過ぎてカメラも対応していなかったほど!ポルトガル人トゼのロビングパスに反応したネグレドは倒れ込みながらもボレーシュートを冷静に沈めてみせた。

この電光石火のゴールで先制したアル・ナスルは2-1で勝利し優勝。

ネグレドは「スペイン代表に招集された時と同じ幸福感を感じているよ。あの先制点は練習していなかった」と述べ、用意していたプレーではなかったと明かしていた。