かつてリヴァプールで期待される存在だったジョーダン・アイブ。

ユルゲン・クロップ監督とのこんな微笑ましいシーンも話題になった。

これはグッとくる光景…。

そんなアイブは2016年にボーンマスに完全移籍した。『Sky Sports』によれば、このほど交通違反によって有罪になったという。

アイブは交通事故を起こした現場に留まらなかったことで有罪になったとのこと。昨年7月30日に起きたこの事故について、彼は不注意運転についてはすでに罪を認めていた。

アイブの運転する車は店に突っ込み、その店とそばに駐車していたメルセデスが損傷。アイブ側は現場に留まらなかったことを否定したが、検察側は事故後ほんの数分で現場を去ったと主張していたそう。判決自体は来月3日に言い渡されるとのこと。