2020シーズンの開幕を迎えた明治安田生命Jリーグ。新型コロナウイルスの影響により現在中断されているが、今年もJ1の18チームが日本サッカーの頂点を目指して競い合う。

セレッソ大阪は昨シーズン5位。新たに就任したミゲル・アンヘル・ロティーナ監督のもと中盤戦から徐々に順位を上げ、最終的には4位川崎フロンターレと勝点1差にまで迫った。

柿谷曜一朗

その終盤戦、レギュラーとして好調なチームを支えた一人が柿谷曜一朗。セレッソのエースナンバー8番を背負う男の復活に胸を躍らせたファンは少なくないはずだ。

そこでQolyは2020シーズンの開幕に合わせ、今年1月に30歳となった柿谷を直撃!いろいろ聞いたぞ。

(取材日:2020年2月14日)

苦しい時を経ての“変化”

――2月12日、サンガスタジアム by KYOCERAのこけら落としで京都サンガF.C.戦と対戦しました。新しいスタジアムはどうでしたか?

うらやましかったですね。同じ関西のチームで、ガンバ大阪のパナソニックスタジアム吹田に続き、これだけ専用の良いスタジアムができたんだなぁと。J1に上がってくるまで貸してほしいくらいです(笑)。

サッカー専用スタジアムというのは僕たちのテンションも上がりますし、見に来てくれるお客さんも楽しいと思います。

桜スタジアム

――セレッソ大阪も2021年には長居球技場が「桜スタジアム」となって帰ってきます。

当初狙っていた規模になるかはまだ決まっていないですが、専用スタジアムはやっぱりいいですね。楽しみです。