ブラジルのボタフォゴに移籍した本田圭佑がついに新天地デビューを果たした。

リオデジャネイロ州選手権のバング戦に先発すると、いきなり初ゴールもマーク。そのゴールシーンがこれ。

貫禄ゴール!

本田は後半17分までプレーしたのだが、前半終了時に相手選手からユニフォームをおねだりされていたようだ。その様子がこちら。

確かに本田は上半身裸で、近くの選手がボタフォゴのユニフォームを手にしている。

『Globo』によれば、前半終了時に相手選手が本田のユニフォームをゲットしていたとのこと。

現地では「バングの10番であるフアン・フェリペが前半終了時に本田のユニフォームを勝ちとった」とも伝えられている。