『Ole』は28日、チリ1部のアウダックス・イタリアーノに所属しているアルゼンチン人FWロドリゴ・オルガドが逮捕されたと報じた。

ロドリゴ・オルガドは1995年生まれの24歳。アルゼンチン出身だが2016年から国外でプレーしており、メキシコを経てチリへとやってきた選手だ。

コキンボ・ウニドでゴールを量産して評価を高めると、昨年名門アウダックス・イタリアーノへと移籍。今年に入ってからも公式戦9試合で5得点と高いレベルのプレーを見せていた。

しかし、オルガドは火曜日の朝に大きな事故を起こしてしまったそう。

彼がチームメイトのDFマヌエル・フェルナンデスを乗せて車を運転していたところ、バイクに乗っていた60歳の男性を撥ねてしまったとのこと。そのニュース映像がこれ。

バイクに追突したあと、その勢いで道路の壁に…。

運転していたオルガドに怪我はなかったものの、バイクに乗っていた60歳の男性は死亡。オルガドからは基準を超える血中アルコール濃度が検出され、彼は予備的に身柄を拘束されることとなった。

【関連記事】中国代表FW、ナンバープレート偽造で解雇…「雑すぎる犯行シーン」がこれ

また、車に同乗していたマヌエル・フェルナンデスは負傷しており、病因に運ばれているとのこと。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら