チーム崩壊説が囁かれていたバルセロナ。ビジャレアルとのラ・リーガ第34節では、リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、アントワーヌ・グリーズマンが揃って先発し、気迫のこもった戦いを見せつけた。

特にグリーズマンは2度ゴールを揺らすなど活躍(先制点はオウンゴールと記録)。メッシとのコンビで決めたスーパーゴールがこれだ(以下動画3分~)。

この投稿をInstagramで見る
Isto não é um golo. É uma obra de arte 🖼 #LaLigaEleven
Eleven Sports Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿 -

これは完璧!3人を引きつけたメッシからのノールックパスをダイレクトループで決める。得点後にはグリーズマンとメッシは抱き合って喜んでいた。

【関連記事】「苦難のスタートから大復活」した7名のスター

試合はバルサが1-4で勝利。キケ・セティエン監督は「もっと前にやらなければいけなかった試合」と語っており、試合内容に手応えを感じていたようだ。