2018年にアーセナルがロリアンから引き抜いたフランス人MFマッテオ・グエンドゥージ。

昨季は33試合に出場し、今季も24試合に出場している。ただ、あの首掴み事件以降は欠場中。ブライトンFWニール・モペの首を絞めた衝撃シーンがこれだ。

思わず倒れ込むモペ…。GKベルント・レーノの負傷アクシデントもあったなかで起きた騒動だった。

【関連記事】アーセナルの「掘り出し物」選手、ベスト9

グエンドゥージはこの行為によってリーグから処分されることはなかったが、試合欠場が続いている。

『The Athletic』によれば、ブライトン戦以降の2週間はトップチームでの練習に参加していないという。

ミケル・アルテタ監督がグエンドゥージに対してフィットネスコーチとの個人練習をするように指示したとのこと。

両者は2月のカタールキャンプでも衝突しており、指揮官は彼の規律面を問題視してきた。アーセナルはトレードか売却でグエンドゥージを放出することに躍起だとも。