佳境を迎えているセリエA。ミランはサッスオーロとの第35節に1-2で逆転勝利を収めた。

この試合にも先発したミランGKジャンルイージ・ドンナルンマが偉大な記録を打ち立てた。

弱冠21歳にして通算200試合出場を達成したのだ。ドンナルンマは16歳の若さでトップデビューし、21歳と146日で200試合出場に到達。

Optaによれば、ジャンルイージ・ブッフォンでさえ、21歳146日時点での出場数は134試合だったそう。

また、ミランの伝説であるパオロ・マルディーニも200試合出場に達したのは22歳になってからだった。

そのドンナルンマは先日のボローニャ戦ではこんなキックで得点の起点になっている。

完璧な崩しから、右サイドバックのダヴィデ・カラブリアがゴール中央でシュートを突き刺す!

【関連記事】GKなのに「おもしろ背番号」だった守護神たちとその理由

まだ21歳という若さには驚かされるドンナルンマ。今後どこまで出場試合記録を伸ばすのだろうか。