かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍を見せ、現在は辛口解説者として存在感を発揮しているポール・スコールズ。

様々なチームや選手に苦言を呈している彼であるが、『Daily Mail』や『The SUN』によれば、警察から怒られる事態になってしまったようだ。

記事によれば、スコールズは先日息子アーロンが21歳の誕生日を迎えたことに合わせ、オールダムにある自宅でパーティーを開いたという。午後7時から午前2時半まで行なわれたそう。

ただ、その日は新型コロナウイルスの感染再拡大によって、ノースウェスト地域全土にさらなる厳しいロックダウン規制がかかる「19時間前」だったとのこと。

娘のアシリア・スコールズの友人たちも集まり、美女だらけのパーティだったようだ…羨ましい。

とはいえ、ロックダウンルールの直前であったこともあり、ソーシャルディスタンスを取る気のないパーティの模様が公開されたことで、批判が集まることに…。

スコールズといえば、マンチェスター・ユナイテッド時代はまさに模範的な選手として評価されたスーパースター。クラブからはこんなトップ5ゴールの動画も公開されていた。

辛口解説者でも、息子や娘がパーティーを開くとなってしまえば甘くなってしまうのだろうか…。

【関連記事】“使える”スコールズが当たる最後のチャンス!「サカつく」ガチャをまたぶん回してみた

なお、保守党国会議員のアンドリュー・ブリッジン氏も「イングランドのシャツを66回も着た人物ならば、お手本として遥かに責任ある態度を期待されているはずだ」と苦言を呈したという。