1部昇格をかけたスペイン2部リーグの昇格プレーオフ。

香川真司が所属するレアル・サラゴサはエルチェに2戦合計0-1で敗れ、プレーオフ決勝にも進めずに敗退が決まってしまった。

ホームでの2ndレグには香川も先発。だが、後半35分に40歳の大ベテランFWニノに決勝ゴールを許して終戦。サラゴサは後半42分にPKの大チャンスを得るも、ハビ・ロスが蹴ったパネンカは相手GKに楽々とキャッチされて万事休すとなった。

30歳のハビ・ロスはプロで1度しかPK失敗がなかったが、エルチェはしっかりとスカウティングをしていたのかもしれない。

フル出場した香川は試合後に肩を落としていたほか、涙するサラゴサ選手も…。

香川はチェルシーMFジョルジーニョのPKキックを参考しており、サラゴサでもこんなPKを決めている(以下動画1分14秒~)。

キック直前にジャンプする蹴り方!

【関連記事】「なぜかPKの成功率が低い」7名のスーパーストライカーたち

昇格プレーオフ決勝はエルチェ対ジローナの対決に決まった。