かつて「芸能人は歯が命」というCMが大流行したが、アスリートにとって目=視力は命ともいえる存在であろう。

しかしスマホやゲームが普及した昨今においては、どうしても視力の低下は避けられず、メガネやコンタクトは現代人にとって欠かせなくなった。

ただ、スポーツ選手が競技中にメガネをかけるのはいろいろと制約がある。

そうなると必然的に選択肢はコンタクトに絞られてくるのだが、目に異物を入れる恐怖やフィットしないストレスを抱え、着用に躊躇しておられる方もいることだろう。

そうした中、「エースコンタクト」を展開する株式会社ダブリュ・アイ・システムは、現在、こちらの動画を公開している。

この動画に登場する女性は、使用していたレンズが目に合わずに悩んでいた。

しかしコンタクトレンズを変えたことでその不満が解消。本人はそれが快適すぎて、着用していることに気付いてさえいなかった…という内容となっている。

コンタクトを着用したことのある人であればお分かりいただけると思うが、どんなに慣れていてもフィットしない日はあるものでそうなると気持ちは晴れない。逆にフィットした日は仕事も勉強にも集中ができ、その日一日が充実するものだ。

動画で描かれているのは日常生活についてだが、「エースコンタクト」ではコンタクトレンズの6つ特長として以下をあげている。

1. 汗でずれない
2. レンズがくもらない
3. 左右の度が違っても疲れにくい
4. 見えるモノの大きさはそのまま
5. 視界が広い
6. スポーツ時も不安なく使える

スポーツにおいても不安なく使える、とのことだ。

ちなみに同社によるとメガネの視界は約120度、コンタクトレンズは約180度とのこと。視野の広さが求められるサッカーにおいて、これは非常に大きい。

ただそうはいっても、スパイクがそうであるようにどんなものも自分に合ったものが必要になる。

「エースコンタクト」は社内研修、社内ライセンス制度を導入しており、豊富な知識と高い水準の接客で、個人の事情に合わせたコンタクトレンズを提案してくれるという。

視力の低下に悩まされ、コンタクトの着用を考えておられる方、また、これまで着用していたものの自分に合ったものをまだ見つけられていない方は、この機会に「エースコンタクト」を利用してみてはいかがだろうか。

はじめて利用される方に限り、使い捨てのコンタクト全品が30%OFFになるキャンペーンも実施されているので気になる方は確認していただきたい。

エースコンタクト
https://goace.jp/lp/30percent/