先週日曜日、ドイツのアマチュアリーグで行われた試合が大きな話題になっている。

それはFCドレンドルフ=リップスドルフ対SVホルデンシュタットIIの試合。そのスコアはなんと0-37という結果になったのだ。その映像がこれ。

ほぼやる気のない…ような映像だ。ただ、これは八百長ではないという。

この理由は、ホルデンシュタットの選手が「新型コロナウイルス陽性者と接触していた」ことが明らかになっていたためだそう。

ドレンドルフ=リップスドルフの会長は試合延期を要求したものの、連盟からそれを拒否されたため、「ソーシャルディスタンスをとって試合をしろ」という命令が下ったとのこと。

そのため選手はボールを持った相手にアプローチもせず、1対1の場面でも近づかず、一定の距離を保ってプレーしていたのだ。

【関連記事】「意外な仕事」をしたサッカー選手たち、10名

それにしても、この90分はどちらのチームにとっても地獄のような経験だっただろう…。