ロナルト・クーマン新体制となったバルセロナ。数名の主力選手を放出するなか、ビジャレアルとの今季開幕戦を戦った。

バルサは4-2-3-1のような布陣。

GKはネト(守護神マーク=アンドレ・テア・シュテーゲンは膝の手術で離脱中)。

DFは右からセルジ・ロベルト、ジェラール・ピケ、クレマン・ラングレ、ジョルディ・アルバ。

ダブルボランチはセルヒオ・ブスケツとフレンキー・デヨング。その前に右アントワーヌ・グリーズマン、トップ下にフィリペ・コウチーニョ、左にアンス・ファティ。そして、トップにリオネル・メッシ。

ただ、前線は左のファティ以外は流動的だった。

そんな新生バルサでメッシがビジャレアルを切り裂いたプレーがこれ。

ワンタッチで相手を破壊!

【関連記事】最強はどれ?現代サッカーで使われているフォーメーションを考察する<2トップ編>

試合は前半で4点を奪ったバルサが4-0で完勝。クーマン監督は「グリーズマンは右ウィングから中に入ってプレーした。彼は中でプレーしなければいけない。レオ(メッシ)とポジション交換も可能だ。それは相手にとってさらに難しくなる」と述べていた。

なお、久保建英は後半29分から途中出場している。