ユヴェントスにスクデットをもたらしたものの、1年でクビになったマウリツィオ・サッリ監督。

今夏ユーヴェからバルセロナに移籍したミラレム・ピャニッチが同氏への不満を吐露した。『Tuttosport』に対してこう述べたという。

ミラレム・ピャニッチ

「今でも失望しているのは、サッリが自分の選手たちを信頼していなかったことだ。それによって、僕はかき乱された。

彼が人々を不当に評価したやり方は最悪の態度だ。ロッカールームの全選手はクラブとチームのために全てを捧げているからね。

1人か2人とはうまくやれないかもしれないが、それが選手たちの努力に影響することは決してない。どんな選手も勝ちたいし、自分たちの目標を追い求める素晴らしいプロたちだからね。

だから、もし監督がそれを疑っているのなら、会長が言っていたような秘法などないということだ。

サッリの監督としての資質を疑うものは誰もいないよ。でも、こういう問題があったんだ。

最終的に僕らはまたスクデットを持ち帰ることができたけれど、それは当たり前のことなどでは決してない」

ユーヴェでは51試合で34勝8分9敗という戦績だったサッリ。古巣ナポリとのコッパ・イタリア決勝ではPK戦の末に敗れており、クリスティアーノ・ロナウドやパウロ・ディバラの茫然とした表情が印象的だった(以下動画6分22秒~)。

サッリはユーヴェではスクデットのみに終わり解任に…。

ナポリでは一時代を築いたものの、チェルシーとユーヴェでは1年でチームを去っている。