マンチェスター・ユナイテッドはクラブのシステムがサイバー攻撃を受けたと公式声明で発表した。

攻撃を封じるための迅速な行動をとり、専門家ともに事件を調査して進行中のIT上の混乱を最小限に抑えているとしている。

組織化されたサイバー犯罪者たちによる非常に高度なオペレーションだとしつつ、このようなリスクに対処するリハーサルもしていたとのこと。クラブのサイバー防衛はオンライン上の攻撃を特定し、ダメージを抑えてデータを保護するために影響を受けたシステムをシャットダウンしたという。

ユナイテッドのウェブサイトやアプリなどは影響を受けておらず、現時点では個人情報の侵害もないとしている。

【関連記事】ユナイテッドでの大失敗から「超復活」遂げた9名

また、試合開催上のシステムは安全に運用できるため、明日のWBA戦も通常通り行うとのこと。