16歳と1日でブンデスリーガ史上最年少デビューを果たしたドルトムントFWユスファ・ムココ。

ブンデス第13節ウニオン・ベルリン戦で初ゴールをマークし、16歳と28日でブンデス史上最年少得点を記録した。

ラファエル・ゲレイロのスルーパスに抜け出すと左足を一閃!ダイレクトで放った一撃でニアをブチ抜いてみせた。

【動画】世界がザワつく!16歳ムココの弾丸シュートシーン

海外のファンたちも「アグエロみたいなフィニッシュ、もっとプレーが見たくてワクワクする」、「マジでなんてフィニッシュなんだ」、「はじまったな」、「10年後にこの書き込みしたことを振り返るだろう」、「ホーランなしでも問題なし」、「彼は両利きなのか?本当にいいシュートを持ってる」、「電撃弾!16歳でチームを救うなんて信じられない」、「ひとりでセレブレーションさせないで(味方が駆け寄るのが遅い)」などと興奮交じりに反応していたぞ。

ムココの歴史的初ゴールでドルトムントは一旦同点に追い付くも、その後に勝ち越したウニオン・ベルリンが2-1で勝利する結果になった。