リヴァプールとの首位攻防戦に敗れたトッテナム。今週末には4位レスターとの重要な一戦が控えている。

『Sky Sports』によれば、ジョゼ・モウリーニョ監督は相手のエースFWジェイミー・ヴァーディについてこう述べたという。

ジョゼ・モウリーニョ(トッテナム監督)

「彼はすばらしいと言わざるを得ないね。

プレミアリーグにやってくるのが遅すぎたことについては同情するよ。

もう数年早く来るべきだったね。(そうなっていれば)彼のキャリアはより長くなり、より多くのゴールを決め、代表でもより多くの歴史を築けただろう。

彼はファンタスティックな選手だ。

もし私がDFだったなら、対戦するのは嫌だろうね。彼は非常にデンジャラスだから」

33歳になったヴァーディだが、今季12試合で10ゴールと爆発。8部リーグから成り上がった彼はプレミアリーグに到達するのがかなり遅かった。

【写真】サッカーの歴史上「最高の遅咲きアタッカー」10名

モウリーニョはもっと早くトップリーグに到達できていれば…と思っているようだ。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら