プレミアリーグ第24節、トッテナムを3-0で下したマンチェスター・シティは公式戦16連勝を飾った。

その守備力は圧倒的で、リーグ戦ではここ15試合でわずか3失点。シティはその15試合で1分たりともビハインドになっていない。つまり、先制を許して相手を追う展開になったことが一度もないのだ。

Optaによれば、プレミアリーグ史上において、シティの15試合を超える記録を持つのはアーセナルのみだそう(1998年12月~1999年5月までの19試合で一度も相手にリードを許さなかった)。

『BBC』によると、ジョゼップ・グアルディオラ監督は試合後にこう述べていたという。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「トッテナムにはスペシャルなクオリティがある。以前にはいいプレーをした我々が2-0で負けた(15試合前の敗戦)。

彼らはチャンスを作り出すために何も必要としない。クオリティと監督のアプローチだ。

我々はプレーするためのスペシャルなやり方があるし、これからも続けていく。忍耐強くなければいけないよ、冷静にね」

かつてのジョゼ・モウリーニョの代名詞でもあるスペシャルという単語を用いて、この一戦を振り返っていたようだ。

【動画】トッテナム粉砕!シティGKエデルソンがやった“スペシャル”フィード

無双状態にあるシティはこの後にエヴァートン、アーセナル、そして、CLでのボルシアMG戦が控えている。