イタリア・セリエAを戦うアタランタに所属していた21歳のMFウィリ・ブラシアーノ・タ・ビが、肝臓がんのために死去した。

ウィリ・ブラシアーノ・タ・ビは1999年生まれでコートジボワール出身。同国の名門クラブであるASECミモザでプレーし、2019年にアタランタへと加入した。

プリマヴェーラでは守備的MFながら7試合で3ゴールを決めるなど活躍を見せ、リーグ優勝を果たす。若くしてペスカーラへの期限付き移籍も経験していた。

またコートジボワールのU-20代表にも招集されており、将来が嘱望される選手の一人でもあった。

【写真】今、「世界で最も素晴らしい男子選手」TOP30

しかし肝臓の悪性腫瘍が発見されたあとはプレーから離れざるを得なくなり、母国に戻って治療を続けていたものの、数ヶ月の戦いの末に息を引き取ったとのこと。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら