現在、オーナーである蘇寧グループが経営危機に陥っていると言われているインテル。

しばらく前から蘇寧グループがインテルの株式を売却するために交渉を進めていると伝えられており、メディアではその相手だという企業の名前も上がっている。

『Gazzetta dello Sport』や『Il Sole 24 Ore』などの報道によれば、新たに買収に関心を見せたのがサウジアラビアの国営系ファンドで、王子のムハンマド・ビン・サルマンが関与しているという。

また、すでに買収のオファーを出しているというのがアメリカの投資運用会社であるフォートレス・インベストメント・グループだそう。

フォートレスは1998年に設立された企業で、2017年には日本のソフトバンク・グループが100%株式を保有する子会社となっていることで知られる。

また、他にも以前からイギリスの投資会社であるBCパートナーズが交渉を行っているとも伝えられている。

【写真】10年前の世界的ゲームでスゴかった「インテルの若手4名」

ただ、蘇寧グループはクラブの価値を10億ユーロ(およそ1290億円)とかなり高く見積もっていることから、なかなか合意に達するのが難しくなっているようだ。