先日発表された日本代表のメンバー23名。新型コロナウイルスの影響もまだ残る中の試合とあって、これまでとは違ったリストになった。

その中に海外組から選ばれた選手の一人が守田英正。川崎フロンターレからポルトガルリーグのサンタ・クララに移籍し、いきなりレギュラーとして活躍を見せている。

【動画】食野亮太郎がいるリオ・アヴェ戦、濃霧の中で決まった守田英正のポルトガル初ゴール

おそらくそれが評価されての代表入りということで、サンタ・クララも彼の招集を祝ってこんな投稿をしていた。

もうちょっといい表情の顔はなかったのだろうか…。ちなみに、ポルトガルでのタイトルは「オリヴェル・イ・ベンジ」、ブラジルでは2018年から「カピタン・ツバサ」となっているそう。

これを見た守田英正は、「キャプテン翼ファンの皆様にお詫び申し上げます」と謝罪の言葉を述べている。

日本代表の試合は3月25日に韓国戦、そして30日にモンゴル戦。どちらも会場は日本国内で、前者が日産スタジアム、校舎がフクダ電子アリーナとなる。

守田英正は20日にトンデラとのホームゲームを戦ったのちすぐに日本へと帰国することになる。まずは怪我なく合流してほしいところだ。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら