ついに公のものになった欧州スーパーリーグ構想だが、各方面から大きな批判を浴びており、わずか1日でトーンダウンしてきた。

チェルシー、マンチェスター・シティ、リヴァプール、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、トッテナムのイングランド勢6クラブ全てが脱退を表明したのだ。

【写真】黒歴史?かつては下部に沈んでいた強豪クラブたち

そうしたなか、スーパーリーグは声明を発表。

「我々は欧州サッカーの現状を変える必要があると確信している。我々が新たな欧州トーナメントを提案しているのは、既存のシステムが機能していないからだ」、「イングランドのクラブたちは圧力によって脱退を余儀なくされたが、我々の提案はEU法と規制に完全に一致していると確信している。それはスーパーリーグを第三者から保護するとの裁判所の決定からも実証された」としつつ、「現状を踏まえ、プロジェクトを再構築するために最も適切なステップを再検討する」とした。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】