日本人ホテルスタッフへの人種差別的な行為が収められた映像が流出し、大きな問題に発展してしまったウスマヌ・デンベレとアントワーヌ・グリーズマン。

【動画】デンベレが日本人スタッフに対して侮辱的なコメントをし、グリーズマンが笑う映像

この映像は世界の様々なSNSとメディアでトピックになり、「訳の違いで差別ではない」という声もあったものの、各国のファンや評論家から批判が集まった。

バルセロナのメインスポンサーである楽天の三木谷浩史氏もこの映像に対する説明を求めるという声明が出され、KONAMIはグリーズマンとのアンバサダー契約を解除するに至っている。

そして、今回彼らの所属クラブであるバルセロナが、各国の公式サイトでこの事件に関する声明を発表した。

バルセロナ

「FCバルセロナは、数日前にソーシャルメディアに掲載された、トップチームの選手2名が、滞在したホテルの従業員の方々などに侮蔑的な言動をとる様子が示された映像により、日本をはじめとするアジアのファンおよびパートナーの皆様に不快な思いをさせたことについて、非常に遺憾に思います。

このような言動は、FCバルセロナが示し、守っていくべき価値観とは決して一致するものではありません。

2019年夏時点でクラブの責任は前経営陣および執行役員の手にありましたが、FCバルセロナは、不愉快な思いをされた全てのファンとパートナーの皆様に公式に謝罪いたします。

両選手は既に、日本のファンおよびパートナーの皆様へ謝罪と後悔の念を示しておりますが、FCバルセロナは、今後も必要に応じて内部措置を講じてまいります」

今回の件については現在の経営陣に変わる前の出来事であったと説明しつつ、新しい体制の下でこのような事件を繰り返さないように内部措置を講じるとした。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら