シント=トロイデンに所属しているFW鈴木優磨に、ベルギーの名門クルブ・ブルッヘからもオファーが届いたようだ。

『RMC Sport』によれば、クルブ・ブルッヘは移籍金350万ユーロ(およそ4.5億円)+パフォーマンス関連のボーナス最大100万ユーロ(およそ1.3億円)という条件でシント=トロイデンにオファーを送ったという。

昨季シント=トロイデンで17ゴールを決めた鈴木優磨は今夏の移籍を求めているため、今シーズンはまだプレーしていない。

マーケットの初期にはアンデルレヒトからのオファーがあったと伝えられているが、それについては保留され、すでにそれほど可能性はなくなっているという。

またトルコの名門フェネルバフチェも鈴木優磨の獲得に向かっているという報道があったが、具体的な話にまでは進んでいない。

今回の報道では、クルブ・ブルッヘのフィリップ・クレマン監督がオランダ代表FWバス・ドストへの信頼を失っており、新しいFWを求めているとのことだが…。

【写真】板倉と冨安も…「東京五輪後の移籍」が噂される9名

ベルギー以外のトップリーグに移籍するという希望を持っているという鈴木優磨。果たしてこのマーケットでどこに行くのだろうか…。