かつて小野伸二や宮市亮がプレーしたオランダの名門フェイエノールト。小野が所属していた2002年にはUEFAカップ優勝を成し遂げた。

『AD』によれば、当時の優勝メンバーであるクリスチャン・ギャン氏が癌に侵され、重篤な状態にあるという。

ギャン氏はフェイエで121試合に出場したサイドバック。カルト的ヒーローとして愛され、フェイエ史上最も人気があった選手のひとりとされている。小野も、真面目で相談役もこなす人格者だと述べていた。

【動画】日本史上最高の天才…小野伸二、フェイエ時代の超ゴール

そんなギャン氏は自らの気前の良さと重病の息子の治療費により、引退後に多額の負債を抱えることに。

フェイエのサポーターとスポンサーは彼を経済的に支援し、ロッテルダム港での仕事も手配したそう。だが、2019年時点で病を患っており、退職を余儀なくされたという。

43歳になった現在は末期的な病状にあり、フェイエサポーターはスタジアムに彼のバナーを掲げる見込みだそう。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら