苦闘するバルセロナを尻目にラ・リーガで首位を走るレアル・マドリー。

守護神ティボー・クルトワは圧巻の活躍を続けており、相手GKからも「レアルのなかで過小評価されている」と讃えられた。

そんなクルトワは『HLN』のインタビューでこんな話をしていたそう。

ティボー・クルトワ(レアル・マドリーGK)

「最近は好調だよ。昨シーズンからすでに絶好調だったけどね。

最近は色々話題にされるけれど、メディア報道からは常に一歩引いている。実際、そういう記事を読むのは、友達が送ってくれた時だけさ。

一番好きなのは、カルロ・アンチェロッティ監督がこれまで指導してきた偉大なGKたちと比較してくれる時だね。

彼からチームのストライカーたちに自信を与えるために練習で少しはゴールを決めさせてくれとお願いされる時もだね(笑)」

クルトワがレアルの練習でもシュートを止めまくるので、アンチェロッティ監督は少しは手加減してとお願いしているとか。

【動画】手抜きして!守護神クルトワ、レアルを救った鬼神セーブ

今季のクルトワは21試合で8度のクリーンシートを記録している。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら