サウジアラビアで行われるスペイン・スーペルコパ準決勝で対戦するバルセロナとレアル・マドリー。

因縁のエル・クラシコを前にバルサDFジェラール・ピケは『Movistar』のインタビューでこう述べていた。

ジェラール・ピケ(バルセロナDF)

「カゼミロ、クロース、モドリッチの中盤はお互いを分かり合っているし、この数年の彼らは非常に高いパフォーマンスを見せてきた。

ベンゼマとヴィニシウスは、ゴールでもプレー面でも最上級のレベルにあるよ。

彼らのレベルは高いが、自分たちは彼らを痛めつけることができる。

カンプ・ノウで彼らに勝点3をとられたのはアンフェアなことだった」

レアルの中盤と前線はハイレベルとしつつ、バルサも一泡吹かすことができると考えているようだ。

【動画】メッシvsセルヒオ・ラモス!死闘クラシコでの喧嘩シーン

これまで230回のクラシコはレアル94勝、バルサ88勝、引き分け48回。ただ、ここ4試合はレアルが全勝している。