松井大輔が運営しているYoutubeチャンネルに、かつて日本代表でもともに戦った大久保嘉人がゲストとして出演。

「松井大輔&大久保嘉人が語る!2010年南アフリカW杯大躍進の真相!」という動画では、岡田監督の下で臨んだワールドカップを振り返っている。

本田圭佑のワントップという新しいシステムを使った本大会、いきなりこの戦術を体験した2人は試合の中で大きな戸惑いを抱いていたようだ。

松井「自分は右で、ヨシト(大久保嘉人)が左。なぜ俺が左じゃないんだと思っていたけど、試合に出られるならどこでも良かった。その後ろにハセ(長谷部誠)がいたけど、彼が上がってこなかった」

大久保「キレてたよね、俺ら。めちゃめちゃキレてた覚えがある」

松井「俺もキレてた。なんで上がってこないんだと。後で聞いたら、監督から『上がるな』って言われてた」

大久保「俺と本田と松井さんしか前線にいない」

松井「始まった瞬間に『何?何?』と思った。攻めれないじゃんと」

大久保「その後3人で話したよね、(本田に)『お前マジキープしてくれ、俺たちがそこで走るから』って。これはキツい戦いになるなと思ったね」

【写真】南野がNEWモデルに!日本代表の着用スパイクまとめ(2022年1-2月)

中央に本田圭佑、左に大久保嘉人、右に松井大輔というシステムだったが、他の選手はほとんど上がらない状況だったそう。