今季が終わるとマンチェスター・シティとの契約が残り1年となるイングランド代表FWラヒーム・スターリング。

シーズンの初期にも退団の可能性を示唆しており、夏のマーケットが近づくにつれてさらに多くの噂が流れるようになった。

彼の獲得に向かっているとされるのが、同じイングランド・プレミアリーグを戦っているアーセナル。

ミケル・アルテタ監督はかつてマンチェスター・シティで指導を行っていたこともあり、スターリングを新たな戦力として迎えたいという意思を見せているという。

特にアレクサンドル・ラカゼットとエディ・エンケティアが契約満了で退団する可能性が高まっているため、前線は強化しなければならない状況だ。

しかしながら『Evening Standard』の報道によれば、問題は給与の額であるそうだ。

アーセナルがトップ4で終了しチャンピオンズリーグへの出場権を獲得すれば、移籍金を支払うことは可能になるという。ただスターリング側が求めている給与が週30万ポンド(およそ4800万円)、年俸に直せばおよそ25億円にもなる額であるため、それが大きなネックになっているそう。

メスト・エジルやピエール=エメリク・オーバメヤングの給与を上げたことで失敗した経験があるアーセナルは、賃金の基準を変えてしまうことを警戒しているという。

【写真】マンチェスター・シティ、歴史上最高のベスト11

アーセナルは同じマンチェスター・シティのガブリエウ・ジェズスにも関心を持っているとのことだが…。