今季イタリア・セリエAを制覇することに成功したACミラン。

その後クラブはエリオット・マネージメントからRedBirdに売却されているが、補強予算については5000~6000万ユーロ(およそ70.6~84.8億円)と比較的抑えられているという。

そのため、ミランの人事を担当しているパオロ・マルディーニとリッキー・マサラは、その予算を増加させるために3名の選手を売ることを検討しているそう。

『Tuttosport』によれば、ミランが売却を考えているのはアンテ・レビッチ、アレクシ・セレメケルス、フォデ・バロ=トゥレであるとのこと。

彼ら3人の売却によって、少なくとも4000万ユーロ(およそ56.5億円)ほどの収入を得たいと考えているそうだ。

なおミランが今夏のマーケットで求めている選手は少なくとも4名で、センターバックを一人、センターハーフを一人、攻撃的MFが一人、右ウイングが一人であるそう。

【写真】2022年、セリエAを離れるかもしれないスーパースター5名

ただ、すでにリヴァプールを退団したディヴォック・オリギを獲得することはほぼ決まっているとのことで、来週にはメディカルチェックを受ける予定となっている。