2021-22シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで優勝を飾ったレアル・マドリー。

『Marca』によれば、来週にもアウディからBMWへのスポンサー変更を発表する予定だそう。

アウディは2003年からクラブスポンサーを務めてきたが、今月で満了になる契約を更新しないことを決めたという。

すでにレアルは新たなスポンサーを見つけており、BMWと合意に達しているとのこと。来季からはレアル選手たちに同社の車両が無償貸与されることになるようだ。

【関連】超シンプル!最高にかっこいい「スポンサーなしユニフォーム」7選

BMWグループはロールス・ロイスやミニも保有しており、プレミアムカー販売ではアウディやレクサス(トヨタ)、メルセデスを抑えて欧州トップにある。

レアルとの契約は単なるスポンサーシップにとどまらず、「持続化可能な社会の実現に貢献する将来的なモビリティに焦点を当てたもの」になるとのこと。