レアル・マドリーMFカゼミロの移籍に合意したマンチェスター・ユナイテッドは、前線の補強も画策している。

『Foot Mercato』によれば、アヤックスのブラジル代表FWアントニを獲得するために1億ユーロ(137億円)のオファーを準備しているという。

22歳のアントニは東京オリンピックで金メダルを獲得したレフティアタッカー。

ユナイテッドは移籍金6000万ユーロ(82億円)+1000万ユーロ(13億円)のボーナスで最初のオファーを提示したものの、それはアヤックスに拒否されてしまった。そのため、提示額を1億ユーロに引き上げる用意をしているそう。

『De Telegraaf』によれば、アントニはユナイテッドからの最初のオファーが拒否された翌日にアヤックスの練習を欠席したとのこと。

 

【動画】137億円!?新星アントニ、ネイマールそっくりの神トラップ

なお、アヤックスはアントニが退団した場合、チェルシーのハキム・ジヤシュを連れ戻す可能性があるという。