ドイツ2部ハノーファーでプレーする室屋成が海外移籍後初ゴールを決めた。

伊藤達哉が所属するマークデブルクと対戦すると、後半11分にボックス内でこぼれたボールを豪快に叩き込んでみせた。室屋がゴールを決めるのは、FC東京時代の2020年7月以来のこと。

 

【動画】これはパスが神!室屋成のJラストゴールシーン

かつて室屋とハノーファーでともにプレーした原口元気は、炎とサイの絵文字に「サイモロヤ」というコメントをつけて反応!これに室谷も泣き笑いの絵文字で応えていたぞ。

室屋はフル出場し、チームも0-4で快勝。一方、伊藤は先発から64分間プレーした。