スタッド・ランスの伊東純也がリーグアン第12節オセール戦で決勝ゴールを決めた。

1-1で迎えた後半42分、左からのクロスをファーサイドで押し込みネットを揺らしている。その得点シーンがこちら。

終了間際のゴールでランスは2-1で勝利。7試合ぶりの白星をもたらした伊東はヒーローになった。

チームメイトのアレクシ・フリプスは「ありがとう」と笑顔の絵文字で感謝。

【関連】日本代表、W杯に出場した「高校サッカー部出身最強ベストイレブン」

また、弱冠30歳のスティル監督も「非常に満足しているよ。伊東は決して楽な試合ではなかったが、チームが最も必要とする重要な場面でネットにボールを押し込んだのは彼だった。あれは偉大な選手の価値を示すものだ」と賞賛していた。