ブライトンでプレーする日本代表FW三笘薫はプレミアリーグで圧巻のパフォーマンスを続けている。

特にリヴァプール相手には天敵と呼べるほどの活躍を披露。三笘は今季のリヴァプール戦でどの選手よりも多い10度のドリブル突破を成功させているのだ。また、そのうち半数は、DFトレント・アレクサンダー=アーノルドとの直接対決で記録したもの。

そうしたなか、三笘は『SPOTVNOW』のインタビューで、アーノルドについて触れていた。

対峙したなかで印象に残っている選手を聞かれると、日本では大学時代から対戦してきた常本佳吾(鹿島アントラーズ)と中村帆高(FC東京)を指名。自分のプレースタイルを分かられていたので止められたことが多かったそう。そのうえで、こうも話していた。

「海外だと、アーノルド選手は1回抜きましたけど、その後に止められたシーンとかも、腕が強いなぁっていうのがありましたし。

(アーノルドは)守備が弱そうって思われがちですけど、全然強いなっていうのは肌感覚ではあるので」

守備が弱点とされるアーノルドだが、腕でのブロックなど強さを感じたとのこと。

【動画】これが三笘薫のこわさ!仲良しの田中碧を瞬殺した圧巻シーン

ただ、直近の対決はこのインタビュー後の可能性があるので、また印象は変わったかも?

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」